このほしのまん中で --「子どものまち」の生活 -- ::: TAKEUCHI HIROMASA :::

アフリカ南西部の国、アンゴラ。1975年の独立以来30年近く続いた内戦は、多くの戦争孤児やストリートチルドレンを生み出した。内戦終結間もない2003年夏、そうした子ども達の保護・教育施設である「子どものまち」を訪ねた。
「子どものまち」で暮らす子どもたちとの1ヶ月半にわたるインタビューと肖像撮影の傍ら、彼らの生活を記録した。

<001>
p57.jpg「子どものまち」の寄宿舎の部屋にて

<002>
p58.jpg「子どものまち」の寄宿舎の部屋にて

<003>
p59.jpg「子どものまち」の寄宿舎の部屋にて

<004>
p60.jpg週末。古着の配給があった日

<005>
p61.jpg放課後、寄宿舎の中庭にて

<006>
p62.jpg「子どものまち」の教室

<007>
p63.jpg4年生の算数の授業。同じ学年にも様々な年齢の子どもたちがいる

<008>
p64.jpg6年生。算数の中間テスト。分数のかけ算割り算が出題された

<009>
p65.jpg8年生の生物のノート。単細胞生物と多細胞生物の細胞構造

<010>
p66.jpg



期末試験目前。放課後に試験範囲を確認するためのクイズ形式の特別授業が行われた

<011>
p66b.jpg



期末試験目前。放課後に試験範囲を確認するためのクイズ形式の特別授業が行われた

<012>
p68.jpg職員室にて。「子どものまち」の教員たち

<013>
p143.jpg食事当番が、できあがった朝食を食堂へと運ぶ

<014>
p144.jpg



朝食の当番は調理まで行う。寮の運営の殆どは、生徒たち自身の手で行われている

<015>
p145.jpg



炊事のための薪拾い。厨房のプロパン設備はしばしば故障する

<016>
p146.jpg



水汲み。揚水ポンプが故障してから半年以上。往復30分、日に数回の日課だった

<017>
p148.jpg放課後、バスケットコートにて

<018>
p150.jpg日曜日。近隣の村のチームとのサッカーの試合

<019>
p153.jpg



「子どものまち」カシト校の卓球は、州代表を輩出するレベル

<020>
p154.jpg停電の夜。月明かりの中、子どもたちが奏で、歌い、踊る

<021>
p155.jpg



一週間続く期末試験の期間も、停電は続いた。ろうそくの明かりでの試験勉強

<022>
p156.jpg



年に2回の古着配給の日。お気に入りを手に入れた子どもたち