かつて、子どもの健やかな成長は決して当たり前のことではなく、まさに神に祈る事柄でした。
七五三のお祝いには、今でもどこか、そんなきびしい時代の親の想いの名残を感じます。
成長を祝う節目の日として、むしろ誕生日よりも大切にされる一日。
華やかな衣装に心浮き立ちながらも、着慣れなさ動きにくさに緊張もしてしまう子どもたち。
そんな子どもたちが「大切にされ、祝福されている」という実感に包まれ、いつも通りの伸びやかさを発揮してくれた時、そのきらめきは、その子とは一期一会の僕にとっても眩しいくらいです。

You may also like

Back to Top