撮影が「特別なこと」にならないように、普段のある日にご一緒させてもらうような関わり方で。そんな撮影を心がけています。
この子が、年月を経てやがてまたひとの親になるその時に、この写真を見てもらえるように。そんなことも念じながら撮影しています。

You may also like

Back to Top